秋山が日本勢最高の7位 福岡国際マラソン2022

日本勢トップの7位でゴールする秋山清仁=平和台陸上競技場
日本勢トップの7位でゴールする秋山清仁=平和台陸上競技場
2022年12月04日
共同通信共同通信

 福岡国際マラソン2022は4日、福岡市の平和台陸上競技場発着で行われ、マル・テフェリ(イスラエル)が2時間6分43秒で優勝した。日本勢トップの7位に2時間8分43秒で秋山清仁(愛知製鋼)が入った。

 8位から続いた赤崎暁(九電工)、大石港与(トヨタ自動車)、久保和馬(西鉄)がタイムなどの条件を満たし、2024年パリ五輪の代表選考会「グランドチャンピオンシップ(MGC)」の出場権を獲得した。今大会は昨年12月に75回の歴史に幕を下ろしたレースの後継として、初めて行われた。(正午現在曇り、気温12.3度、湿度71%、北の風3.6メートル)

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/