国民・玉木氏「与野党超え協力」 連立は否定、立民静観

記者団の取材に応じる国民民主党の玉木代表=3日午後、茨城県ひたちなか市
記者団の取材に応じる国民民主党の玉木代表=3日午後、茨城県ひたちなか市
2022年12月03日
共同通信共同通信

 国民民主党の玉木雄一郎代表は3日、自民党が公明党との連立政権に国民民主党を加える案を検討しているとの一部報道を重ねて否定した。一方で「国民に役立つ政策の実現には、与野党を超えて協力していく考えに変わりはない」と語った。立憲民主党の泉健太代表は千葉県印西市で「他党の、しかも仮の話であり答えようがない」として静観する姿勢を示した。

 玉木氏は、茨城県ひたちなか市で記者団に事実関係を問われ「承知していないし、そうした事実はない。岸田文雄首相も否定しており、それ以上でも以下でもない」と強調した。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/