将棋、藤井が竜王戦初防衛 広瀬破り五冠維持

第35期竜王戦7番勝負第6局、初防衛を果たし感想戦で対局を振り返る藤井聡太竜王=3日午後、鹿児島県指宿市の指宿白水館(代表撮影)
第35期竜王戦7番勝負第6局、初防衛を果たし感想戦で対局を振り返る藤井聡太竜王=3日午後、鹿児島県指宿市の指宿白水館(代表撮影)
2022年12月03日
共同通信共同通信

 将棋の藤井聡太竜王=王位・叡王・王将・棋聖との五冠=(20)に広瀬章人八段(35)が挑戦した第35期竜王戦7番勝負の第6局は2、3の両日、鹿児島県指宿市で指され、113手で先手の藤井竜王が勝ち、対戦成績4勝2敗で初防衛、五冠を堅持した。通算タイトル数は歴代9位の11期目を獲得した。

 7番勝負は4期ぶりの復位を狙った広瀬八段が先勝。その後は藤井竜王が3連勝し、シリーズを優位に進めて押し切った。タイトル戦に出場したのは今回が11度目で、これまでいずれも制している。

 今後は来年1月8、9日に開幕する王将戦で羽生善治九段(52)を挑戦者に迎え、初防衛を目指す。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/