米と交渉用意、撤退は拒否 ロシア大統領報道官

ロシアのペスコフ大統領報道官(タス=共同)
ロシアのペスコフ大統領報道官(タス=共同)
2022年12月02日
共同通信共同通信

 ロシアのペスコフ大統領報道官は2日、ロシアがウクライナでの「違法な戦争」を終わらせる意思があるならプーチン大統領と「話す用意がある」としたバイデン米大統領の発言に対し、プーチン氏は「国益を守るための交渉ならいつでも応じる用意がある」と述べた。同時に、ウクライナからの軍撤退が条件なら協議に応じる気はないとし「軍事作戦を続ける」と明言した。タス通信などが報じた。

 ペスコフ氏は記者団に「われわれの目的達成に最良の道は平和な外交的手段だ」と述べ、交渉による問題解決には前向きの姿勢を示した。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/