三菱UFJ、米銀行の売却完了 2兆円超で米地銀最大手に

2022年12月02日
共同通信共同通信

 三菱UFJフィナンシャル・グループは2日、米国の傘下銀行MUFGユニオンバンクの米地銀最大手USバンコープへの売却が1日に完了し、対価として55億ドルとUSバンコープの株式約4400万株を受け取ったと発表した。既に受け取った配当や追加で支払われる予定の対価を合わせると、取引総額は156億ドル(2兆円超)に上る。

 売却前に受け取ったのはユニオンバンクからの配当約46億ドル。追加の対価として、5年以内にバンコープから35億ドルを受け取る。2022年度の通期連結業績目標は、今回の売却を反映済みで変更はないとしている。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/