「麻也、おめでとう」 長崎の後援会、主将を称賛

吉田麻也の後援会事務所を兼ねた飲食店「レッケル」で、日本の勝ち越しゴールが決まり歓喜するサポーターら=2日早朝、長崎市
吉田麻也の後援会事務所を兼ねた飲食店「レッケル」で、日本の勝ち越しゴールが決まり歓喜するサポーターら=2日早朝、長崎市
2022年12月02日
共同通信共同通信

 日本代表の主将吉田麻也(34)の後援会事務局を兼ねた長崎市の飲食店「レッケル」には、サポーター約20人が集まって決戦を見守った。強豪スペインを逆転で破ると、一斉に立ち上がって拍手し店内は祝杯ムードに。「麻也、おめでとう」。決勝トーナメント進出に貢献した主将をたたえ、涙を浮かべる人もいた。

 市内の会社員松田和樹さん(33)は「やってくれるとは思っていたけど、いざ本当になると信じられない。すごい」と驚きをあらわに。前々回、前回の大会も店で観戦したという市内の自営業赤木広宣さん(56)は「次の試合では得点を入れているところも見たい」と期待した。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/