電力3社に課徴金1千億円 カルテル、過去最高額

公正取引委員会
公正取引委員会
2022年12月01日
共同通信共同通信

 事業者向け電力販売でカルテルを結んだとして、公正取引委員会は1日、独禁法違反(不当な取引制限)で中部電力、中国電力、九州電力の3社側に総額約1千億円超の課徴金納付命令を出す処分案を通知した。関係者によると、課徴金の内訳は中部電とグループ会社に計約275億円、中国電が700億円超、九電に約27億円。今後、処分案に対する各社の意見を聞き正式な処分を出す。

 電力各社が燃料価格の高騰などから電気料金の値上げを申請する中、高額な課徴金が経営に大きく影響する可能性もある。

 中国電はカルテルの合意範囲が広域に及んだため、1社だけで過去最高の課徴金額を超えた。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/

新聞社の注目記事

PFAS、国が規制強化に踏み出さない理由とは 健康影響を懸念し欧米は先行 「先回りの対策」求める声
06時00分
東京新聞東京新聞
土師ダムの放流設備復旧 原因は調査中
01月30日
中国新聞中国新聞
福山駅「さんすて」で9店舗改装、マクドナルドやジェラートピケ出店
01月30日
中国新聞中国新聞
「キム・ヨンジュン」が指示? 狛江の強盗殺人事件、被害品は腕時計3本とダイヤの指輪
06時00分
東京新聞東京新聞
いないはずの人工交雑魚「クエタマ」が鹿児島湾で相次ぎ目撃 養殖場から逃げた? 生態系への影響危惧
10時04分
南日本新聞南日本新聞
出勤ラッシュの沖縄・那覇でマンホールから水あふれる 市役所前、配水管から漏水 
01月27日
琉球新報琉球新報
  • 47NEWS公式Twitter
  • 2023年度 大学入学共通テスト
  • 地域再生大賞
  • ふるさと発信
  • 弁当の日
  • 共同通信会館
  • 47NEWS公式Twitter
  • 2023年度 大学入学共通テスト