ウクライナ大使館に爆発物 スペイン首都、職員が手に軽傷

ウクライナ大使館の外に立つ警察官ら=30日、マドリード(ロイター=共同)
ウクライナ大使館の外に立つ警察官ら=30日、マドリード(ロイター=共同)
2022年12月01日
共同通信共同通信

 【ロンドン共同】スペインの首都マドリードにあるウクライナ大使館で30日、男性職員が封書を開けたところ爆発し右手に軽傷を負った。ロイター通信などが報じた。発生を受け、ウクライナのクレバ外相は各国のウクライナ大使館に注意喚起した。

 封書は通常郵便として届き、保安検査はなされなかった。駐スペインのウクライナ大使宛てだったとの情報もある。スペインの捜査当局が調査を進めている。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/