DF植田、J1鹿島に復帰 仏2部ニームから4年ぶり

植田直通(ゲッティ=共同)
植田直通(ゲッティ=共同)
2022年11月30日
共同通信共同通信

 J1鹿島は30日、フランス2部リーグのニームから日本代表経験のあるDF植田直通(28)の加入を発表した。2018年以来、約4年ぶりの復帰。植田は「またアントラーズのユニホームを着て戦えることを光栄に思う。タイトルから遠ざかっているチームの力になれるよう精いっぱい頑張る」とコメントした。

 熊本県出身の植田は代表メンバー入りした18年ワールドカップ(W杯)ロシア大会後に鹿島からベルギー1部のセルクル・ブリュージュに移籍。21年からニームでプレーしていた。国際Aマッチは16試合出場1得点、J1通算は96試合4得点。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/