外国人労働者の死亡「400人」 カタールW杯組織委局長

カタール・ドーハの建設現場=10月(ロイター=共同)
カタール・ドーハの建設現場=10月(ロイター=共同)
2022年11月30日
共同通信共同通信

 【ドーハ共同】サッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会組織委員会のサワディ事務局長は29日までに、W杯開催に向けた国内の全ての事業で死亡した外国人労働者らは、推定400~500人だと英テレビ局のインタビューで語った。

 競技場建設など、W杯に直接関連する事業に携わってカタールに滞在していた外国人労働者の死者は計40人で、うち37人の死亡は仕事とは関係がないとした。

 英ガーディアン紙は昨年、カタールが開催権を獲得した2010年からの10年間で、労働者6500人以上が死亡したと報道。欧米の人権団体などがカタールへの批判を強めている。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/