中国、35年に核弾頭1500発 台湾侵攻警戒、米国防総省報告書

中国の多弾頭型大陸間弾道ミサイル「東風41」=10月、北京(共同)
中国の多弾頭型大陸間弾道ミサイル「東風41」=10月、北京(共同)
2022年11月30日
共同通信共同通信

 【ワシントン共同】米国防総省は29日、中国の軍事動向に関する年次報告書を発表した。中国が21年に核戦力の増強を加速させ、運用可能な核弾頭は400発を超えたと推定。35年には約1500発になる公算が大きいとした。緊張が続く台湾に関しては、武力統一のため海上封鎖から全面侵攻まで幅広い選択肢を持っているとして警戒感を示した。

 ストックホルム国際平和研究所の1月時点の推定では、中国は核弾頭350発を保有し世界3位。1位のロシア(5977発)、2位の米国(5428発)と大きな開きがあるが、米報告書は「中国は次の10年間で核戦力の近代化、多様化、拡大を狙う」とした。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/

新聞社の注目記事

県内公立高校の倍率は? 千葉の入試情報まとめ 2023年度高校入試・中学入試 【オンライン先行公開】
01月26日
千葉日報千葉日報
茨城・稲敷に新電力会社 市、民間企業と共同出資 再エネ買い取り 公共施設へ供給も
01月27日
茨城新聞茨城新聞
伊那市の業務スーパー 国道沿いに移転 8月、店舗面積を拡大しオープン
01月26日
信濃毎日新聞信濃毎日新聞
青森県警本部勤務の職員 派遣型風俗店で副業/懲戒処分で依願退職
01月27日
東奥日報東奥日報
消えゆく公衆電話、通信障害の代替えも姿見えず この20年で7割超の5000台減 沖縄県内
07月05日
琉球新報琉球新報
万葉集の世界を堪能して 多治見で古典講座の安田さん収集展
07月06日
中日新聞中日新聞
  • 47NEWS公式Twitter
  • 2023年度 大学入学共通テスト
  • 地域再生大賞
  • ふるさと発信
  • 弁当の日
  • 共同通信会館
  • 47NEWS公式Twitter
  • 2023年度 大学入学共通テスト