「風流踊」30日に登録決定へ ユネスコ無形遺産

無形文化遺産の新規登録を審査するユネスコ政府間委員会の会場=29日、ラバト(共同)
無形文化遺産の新規登録を審査するユネスコ政府間委員会の会場=29日、ラバト(共同)
2022年11月29日
共同通信共同通信

 【ラバト共同】モロッコで開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)政府間委員会は29日、日本が申請した24都府県41件の民俗芸能「風流踊」の登録審査の順番を前倒しする日程を公表した。日本時間30日夜の登録決定がほぼ確実となった。

 新規登録の候補は29日時点で44件。風流踊の審査順は当初、全体の17番目だったが、新たな日程資料によると、風流踊の順番は全体の11番目に繰り上がった。

 政府間委員会は29日、無形文化遺産の新規登録に関する審査を始める。審査は、29日から12月1日まで3日間。

 政府間委員会に先立ち、ユネスコ評価機関は各国の候補46件を事前審査した。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/