ホテル襲撃、9人死亡 ソマリア首都で過激派犯行

2022年11月29日
共同通信共同通信

 【アディスアベバ共同】ソマリアの首都モガディシオ中心部のホテルが武装集団による襲撃を受け、警察当局は28日、市民ら9人が死亡したと発表した。イスラム過激派組織アルシャバーブが犯行を認めた。ロイター通信が伝えた。

 襲撃は27日に始まり、治安部隊が半日以上かけて鎮圧した。武装勢力側の死者は6人。現場ではこれまで政府関係の会議が頻繁に開かれてきた。

 ソマリアは5月に就任したモハムド大統領がテロ掃討作戦を加速させ、アルシャバーブが反発を強めている。10月にはモガディシオの行政機関が集まる地区で爆破テロがあり、少なくとも120人が死亡した。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/