監督ピクシー、初白星届かず 「選手を信頼」願いかなわず

カメルーン―セルビア 後半、指示を出すセルビアのストイコビッチ監督=アルワクラ(共同)
カメルーン―セルビア 後半、指示を出すセルビアのストイコビッチ監督=アルワクラ(共同)
2022年11月28日
共同通信共同通信

 J1名古屋で活躍して監督も務め、ピクシーの愛称で知られるセルビアのストイコビッチ監督は28日のカメルーン戦で引き分けに終わり、指揮官としてのW杯初勝利にあと一歩届かなかった。一時は3―1でリードしながら後半中盤に2失点。「選手たちを信頼している。全てがうまくいくだろう」との願いはかなわなかった。

 先制を許しながら前半ロスタイムに2得点し、後半の序盤にも追加点。いい流れに見えたが、カメルーンのスピードあふれる攻撃を止められなかった。攻めてもゴール前での精度を欠き、決定機を生かせない場面が目立った。(共同)

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/