横審、照ノ富士の近況を確認 貴景勝は高レベルVで諮問も

記者会見する横綱審議委員会の高村正彦委員長=28日、東京・両国国技館(日本相撲協会提供)
記者会見する横綱審議委員会の高村正彦委員長=28日、東京・両国国技館(日本相撲協会提供)
2022年11月28日
共同通信共同通信

 日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)は28日、東京・両国国技館で定例会合を開き、10月中旬に両膝の手術を受けて大相撲九州場所を全休した横綱照ノ富士の近況を確認した。高村正彦委員長(元自民党副総裁)は「どのくらいで出られるか、よく分からないとの答えがあった。(来年4月の)春巡業には参加するということだった」と説明した。

 九州場所を12勝3敗での三つどもえの優勝決定戦に進みながら、賜杯を逃した大関貴景勝については「勝てなかったけれども意義はあった」と評価。初場所に向け「相当の成績で優勝ということになれば、横審に諮問することもあり得べし」と述べた。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/