27歳比嘉、初の賞金王に 男子ゴルフで今季4勝

初の賞金王に輝き、笑顔でボードを掲げる比嘉一貴=27日、高知県芸西村のKochi黒潮CC
初の賞金王に輝き、笑顔でボードを掲げる比嘉一貴=27日、高知県芸西村のKochi黒潮CC
2022年11月27日
共同通信共同通信

 男子ゴルフの比嘉一貴(27)が27日、初の日本ツアー賞金王に決まった。高知県芸西村のKochi黒潮CCで行われたカシオ・ワールドオープンで37位となって今季の獲得賞金を1億8004万円余りに伸ばし、最終戦の日本シリーズJTカップで逆転される可能性がなくなった。

 沖縄県出身で東北福祉大4年時の2017年にプロに転向した。158センチと小柄ながら、精度の高いアイアンショットを武器に19年にツアー初優勝。21年に1勝、今季は最多4勝を挙げている。

 日本選手の賞金王獲得は19年の今平周吾以来で、沖縄出身者では17年の宮里優作以来。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/