「結論に至る過程、後世の参考になる」公文書保存に取り組む東大名誉教授・御厨さん 事件記録廃棄を問題視

2022年12月01日
神戸新聞神戸新聞

 全国の家庭裁判所で重大少年事件の記録が廃棄されていた問題。長年、公文書保存に取り組んできた東京大の御厨貴名誉教授(71)は、「記録があれば、結論に至る過程が分かり、後世の参考になる」と、保存する意義 ...

記事全文を読む
神戸新聞神戸新聞

兵庫県内の最新ニュースから、まちの話題、文化、経済、スポーツまで、地域に密着した記事をリアルタイムにお届けします。教育、医療、おでかけなど日々の暮らしに役立つ情報も盛りだくさん。 https://www.kobe-np.co.jp/