メニュー 閉じる メニュー
地域

地域

特別支援学校の生徒が昼食詰まらせ死亡 「介助を適切に行ったが、申し訳ない」と校長

2020.2.12 20:31 京都新聞
滋賀県庁

滋賀県庁

 滋賀県教育委員会は12日、県立の特別支援学校の生徒が昨年11月下旬、校外学習中に昼食を気管に詰まらせ、約20日後に低酸素脳症で死亡したと発表した。同校の校長は「食事の介助は適切に行ったが、教育活動の ...

関連記事 一覧へ