豪雨想定 児童と住民が避難訓練 矢掛、移動しながら危険箇所確認

避難場所に移動する途中で、住民らと危険箇所について話し合う児童
避難場所に移動する途中で、住民らと危険箇所について話し合う児童
2022年10月07日
山陽新聞山陽新聞

 2018年の西日本豪雨で深刻な浸水被害を受けた岡山県矢掛町中川地区で4日、小学生と地元住民が避難場所まで移動し危険箇所を一緒に確認する合同避難訓練を初めて実施した。  中川小(本堀)と地区自主防災 ...

記事全文を読む
山陽新聞社山陽新聞社

山陽新聞デジタル(愛称・さんデジ)は、岡山県内の最新ニュースや地域の話題、スポーツ、生活情報、動画など多彩なコンテンツを提供しています。 https://www.sanyonews.jp/