【元記者の心身カルテ4】消化管が神経管の「先輩」

2019年04月23日
中日新聞中日新聞

 平成も残りわずか。天皇陛下の退位を前に思い浮かぶのは宮内庁担当記者だった昭和最後の日々。  一九八八(昭和六十三)年九月、昭和天皇が吐血した。一年前に手術した腸からの出血だった。それから崩御まで ...

記事全文を読む