メニュー 閉じる メニュー
地域

地域

新型肺炎広げないため 受診は他人と接触避け 病院内には指示受けてから 医療現場はパンクを懸念

2020.2.19 5:00 沖縄タイムス
感染した患者が治療を受ける陰圧室。他の部屋より気圧を低くして病原体が外に漏れないようにしている=17日、うるま市・県立中部病院(提供)

感染した患者が治療を受ける陰圧室。他の部屋より気圧を低くして病原体が外に漏れないようにしている=17日、うるま市・県立中部病院(提供)

[新型肺炎 県内感染の波紋](3)  「意識が高い」。本島南部の病院で働く医療従事者の40代男性は感心した。県内初の新型コロナウイルス感染が確認された女性が、自分の判断で他の患者との接触を避ける行動 ...