江戸期の画聖・円山応挙の障壁画、ゆかりの寺で特別公開 香美町・大乗寺 13年ぶり原物が客殿に

円山応挙が没する3カ月前に完成させた金地に墨画の「松に孔雀図」=大乗寺(撮影・岡本好太郎)
円山応挙が没する3カ月前に完成させた金地に墨画の「松に孔雀図」=大乗寺(撮影・岡本好太郎)
2022年09月27日
神戸新聞神戸新聞

 「応挙寺」と呼ばれる兵庫県香美町香住区森の大乗寺で、江戸期の画聖・円山応挙の障壁画約45点が9月上旬、保管先の収蔵庫から13年ぶりに元の客殿に戻された。来春まで特別公開している。  同寺では、179 ...

記事全文を読む
神戸新聞神戸新聞

兵庫県内の最新ニュースから、まちの話題、文化、経済、スポーツまで、地域に密着した記事をリアルタイムにお届けします。教育、医療、おでかけなど日々の暮らしに役立つ情報も盛りだくさん。 https://www.kobe-np.co.jp/