メニュー 閉じる

47News

地域

地域

地域再生大賞

地域再生大賞とは地域再生大賞 地域づくりに取り組む団体にエールを送ろうと、地方新聞社と共同通信社が2010年度に設けた。各紙が都道府県から原則1団体ずつ計50団体を推薦し、専門家でつくる選考委員会が審査にあたる。これまでに表彰した団体は計350団体に達した。活動分野は産業振興や景観保護、子育て支援など多彩で、地域を考える輪が広がっている。

表彰団体の活動報告はこちら

講評

 第8回地域再生大賞の受賞団体決定後、審査を担当した各選考委員の講評を掲載する予定です。

正真正銘の地域発

岡本義行・選考委員長(法政大大学院教授)の話

岡本義行氏

 本年度も地域再生大賞の審査が始まる。8回を数えるが、全国各地からもたらされる取り組みを見るのが楽しみである。毎年、たくさんの素晴らしい取り組みが届けられることに驚きを感じざるを得ない。これまで350の地域再生の取り組みを審査したが、今回はどうだろうか。

 政府は地域再生を「地方創生」として推進している。日本が人口減少に直面する中、政府は地域ごとに人口の維持を目標として、自治体に「人口ビジョン」と「地方版総合戦略」を策定させた。これは地域再生策にほかならない。新しい産業の振興や待機児童の解消も盛り込まれている。近年、地域再生の取り組みには、地方自治体の機能を代替したり、補完したりする取り組みも現れている。ただ、ほとんどが似たり寄ったりである。

 「地方版総合戦略」が地域の独自性を欠くきらいがあるのに対し、地域再生大賞に推薦されてくる取り組みは、正真正銘の「メード・イン地域」である。地域の人々が協力して作り上げた取り組みであり、そうした取り組みが地域再生の原動力になるのだろう。

 地域の資源を活用し、地域の人々の創意工夫が地域再生の基本であろう。本年度の取り組みが楽しみである。


岡本 義行氏(おかもと・よしゆき)京都大大学院博士課程修了。法政大大学院政策創造研究科長などを経て同大大学院教授。地域振興を研究。東京都出身。70歳。

 

選考委員の顔触れ

「第8回地域再生大賞」の選考委員は、岡本委員長のほか次の皆さん。

▽大桃 美代子氏(おおもも・みよこ)タレント。新潟県中越地震で魚沼市の実家が被災。食育や農業に関心を持ち復興や地域振興に取り組む。


▽藤波 匠氏(ふじなみ・たくみ)東京農工大大学院修了。15年から日本総合研究所上席主任研究員。地方活性化などが専門。神奈川県出身。52歳。


▽沼尾 波子氏(ぬまお・なみこ)慶応大大学院修了。17年から東洋大教授。地方財政が専門で地域づくりを支える行財政システムを研究。千葉県出身。50歳。


▽伊藤 祐三氏(いとう・ゆうぞう)中央大卒。共同通信社経済部次長などを経て企画委員兼論説委員。長野県出身。57歳。



バックナンバー

第8回 地域再生大賞

バナーをご自由にお使いください

[300x46]

[106x90]