メニュー 閉じる メニュー
地域

地域

地域再生大賞

地域再生大賞とは北海道から沖縄まで全国の地方新聞46紙と共同通信社が地元に活気を与え、他地域のモデルとなる活動に取り組む団体を表彰するため2010年度にスタートした。大賞、準大賞、優秀賞など各賞を設け、19年度の第10回までに通算500団体が受賞した。表彰分野はまちづくり、経済振興、文化活動から子ども、高齢者、障害者、そして外国人支援まで幅広い。各団体の活動は新聞やネット上の記事で詳報、データベース化も進めている。

記念本「まちづくりチャレンジ550 地域再生大賞の10年」はこちら >>

世代超え連携、難局に挑む コロナ直撃、支え合いの輪

 地方新聞46紙と共同通信が運営する「第11回地域再生大賞―コロナ禍を越えて」の各賞が決まった。新型コロナウイルスの感染拡大は地域を直撃し、人口減や高齢化に加え、生活困窮世帯への対応や医療支援といった新たな課題を突き付けた。「誰ひとり取り残さない」「地域を未来に引き継ぐ」。立場や世代を超えて人びとが連携して難局に立ち向かい、支え合いの輪は広がる。

 

◎協賛・後援団体一覧

 第11回地域再生大賞は、次の企業や省庁、団体が協賛、後援しています。

 ▽協賛 住友化学、中日本高速道路、日本たばこ産業(JT)、東日本高速道路、ゆうちょ銀行、ローソン、城南信用金庫(地域パートナー)  

 ▽後援 厚生労働省、国土交通省、財務省、全国市長会、全国知事会、全国町村会、総務省、地域経済活性化支援機構、中小企業基盤整備機構、都市再生機構(UR)、内閣府、日本政策金融公庫、農林水産省(五十音順)