発達障害疑い児童の初診待ち 最長8カ月→3カ月に改善 県立こども医療福祉センター

2022年12月06日
長崎新聞長崎新聞

 発達障害の疑いがある児童の診療待機が長引いている現状について、長崎県は5日、県立こども医療福祉センター(諫早市)で昨年最長8カ月だった待機期間が医師の増員などにより約3カ月に改善したと明らかにした。 ...

記事全文を読む
長崎新聞社長崎新聞社

長崎新聞のニュースサイトです。長崎の社会、経済、スポーツ、文化などのニュースを掲載しています。 https://www.nagasaki-np.co.jp/