アナフィラキシー関与物質を確認 岡山大グループ、新治療法へ道筋

2022年12月05日
山陽新聞山陽新聞

 岡山大の西堀正洋特任・特命教授(創薬薬理学)らのグループは、重いアレルギー反応・アナフィラキシーの発症に、血管内側を覆う内皮細胞にあるタンパク質「HMGB1」が関与していることを、ラットによる研究で ...

記事全文を読む
山陽新聞社山陽新聞社

山陽新聞デジタル(愛称・さんデジ)は、岡山県内の最新ニュースや地域の話題、スポーツ、生活情報、動画など多彩なコンテンツを提供しています。 https://www.sanyonews.jp/