鳥インフル、養鶏場の殺処分完了 福島県内農場、異常確認されず

2022年12月01日
福島民友新聞福島民友新聞

 県は30日、高病原性鳥インフルエンザが確認された伊達市の養鶏場で飼育していた全1万4474羽の殺処分と埋却、消毒などの防疫措置を完了した。11日に確認検査を行い、異常がなければ国と協議した上で、搬出 ...

記事全文を読む