伊達の養鶏場で高病原性鳥インフル確認 1万7000羽殺処分へ

鳥インフルエンザが確認された養鶏場で殺処分を行う職員ら(県提供、画像の一部を加工しています)
鳥インフルエンザが確認された養鶏場で殺処分を行う職員ら(県提供、画像の一部を加工しています)
2022年11月30日
福島民友新聞福島民友新聞

 県は29日、伊達市の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザの発生を確認したと発表した。県内の養鶏場での確認は初めて。鳥インフルエンザが疑われる事例が発生し、遺伝子検査を進めていた。県は養鶏場で飼育されてい ...

記事全文を読む