×
メニュー 閉じる メニュー
地域

地域

<つなぐ 戦後77年>災害備え今も現役 戦中に作られた川崎・中原の防火水槽 当時知る岩井さん「戦争なんてやるもんじゃない」

2022.8.20 7:20 東京新聞

 太平洋戦争中に作られた防火水槽が、川崎市中原区小杉御殿町に残っている。近くの寺や住宅を空襲の火災などから守るために作られ、現在も受け継がれている。同町一丁目町内会の岩井秀雄会長(87)は「せっかく作 ...

関連記事 一覧へ