×
メニュー 閉じる メニュー
地域

地域

潜伏キリシタンの歴史を後世に 五島・奈留島「浜辺の資料館」開館 元長崎市職員の柿森さん建設 信仰用具など150点

2022.7.4 12:00 長崎新聞

柿森さんが収集した潜伏キリシタンに関する品々が並ぶ「浜辺の資料館」=五島市奈留町

 長崎県五島市奈留島の潜伏キリシタン信仰の歴史を後世に伝えようと、元長崎市職員の柿森和年さん(75)が資料館「阿古木隠れキリシタンの里 浜辺の資料館」を私費を投じて建設した。3日、関係者が開館を祝った ...

関連記事 一覧へ