×
メニュー 閉じる メニュー
地域

地域

運転席の操作性、実物大模型で体感 仙台市地下鉄南北線の新型車両

2022.1.23 6:00 河北新報

実物大の模型で運転台の操作性を確かめる職員=仙台市若林区の市交通局荒井車両基地

 仙台市交通局が2024年度に導入する市地下鉄南北線の新型車両「3000系」の運転席の実物大模型が、若林区の荒井車両基地内に設置されている。新しい運転台は速度計が電子化され、ドアの開閉状況を細かく確認 ...

関連記事 一覧へ