×
メニュー 閉じる メニュー
地域

地域

仙台発「どんと祭」発展の歴史とは 呼び名は新聞記事がきっかけ

2022.1.12 16:05 河北新報

勢いよく燃える御神火を囲み、新型コロナ収束や無病息災を祈る参拝者=2021年1月14日午後4時30分ごろ、仙台市青葉区の大崎八幡宮

 正月飾りを焼き納める伝統行事「どんと祭」が14日夜、仙台市青葉区の大崎八幡宮をはじめ市内130カ所(市消防局届け出)である。どんと祭はいつから、なんのために行われてきたのか。市歴史民俗資料館の学芸員 ...

関連記事 一覧へ