×
メニュー 閉じる メニュー
地域

地域

岩手史の特異性ひもとく 県立博物館、県内外の遺跡や土器紹介

2021.12.4 7:30 岩手日報
長興寺Ⅰ遺跡から出土した後北式土器(手前)と赤穴式土器(奥)。同じ遺跡から見つかったが、つくりの質には大きな差がある

長興寺Ⅰ遺跡から出土した後北式土器(手前)と赤穴式土器(奥)。同じ遺跡から見つかったが、つくりの質には大きな差がある

 県立博物館テーマ展「教科書と違う岩手の歴史 岩手の弥生~古墳時代」は、盛岡市の同館で開かれている。大陸からの稲作伝来が画期とされる時代、朝鮮半島から遠く、寒冷だった東北北部ではどのような歴史が刻まれ ...

関連記事 一覧へ