×
メニュー 閉じる メニュー
地域

地域

重い障害があっても希望は捨てない チョークアート 社会復帰の願い込め描く

2021.10.22 21:05 南日本新聞
山下直哉さんが制作した「曼荼羅(まんだら)」(筌元ひとみさん提供)

山下直哉さんが制作した「曼荼羅(まんだら)」(筌元ひとみさん提供)

 黒いボードにパステル画材で描いた鮮やかなチョークアート。16年前、自己免疫性脳炎による全身けいれんで倒れ、重い障害を負った鹿児島市の山下直哉さん(39)の作品が熊本県で開催中の展示会に出展されている ...

関連記事 一覧へ