×
メニュー 閉じる メニュー
地域

地域

党員4分の1、選挙区の擁立断念…社民の牙城・大分「言葉にならないほど厳しい」

2021.10.14 6:00 西日本新聞

 19日公示、31日投開票の衆院選を巡り、大分県の社民党が苦境に陥っている。社民にとって大分は村山富市元首相らを輩出した「牙城」だが、立憲民主党との「部分合流」の結果、県内の党所属地方議員は19人から ...

関連記事 一覧へ