×
メニュー 閉じる メニュー
地域

地域

コロナ感染疑いで宿泊拒否 厚労省が旅館業法の改正検討

2021.9.24 13:52 熊本日日新聞
伝染病による感染が明らかな場合に宿泊拒否ができると定めている旅館業法の第5条1項

伝染病による感染が明らかな場合に宿泊拒否ができると定めている旅館業法の第5条1項

 厚生労働省は、新型コロナウイルスの感染疑いがある人の宿泊をホテルや旅館が拒否できるように旅館業法を改正すべきかどうかの検討を始めた。8月から有識者による会合を開き、業界団体や専門家らから意見を聴いて ...

関連記事 一覧へ