メニュー 閉じる

47News

地域

地域

廃液処理、12・5年維持 規制委 原子力機構の計画了承

2017.11.11 0:00 茨城新聞
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加

日本原子力研究開発機構(原子力機構)の東海再処理施設(東海村村松)で高レベル放射性廃液のガラス固化処理作業が遅れている問題で、原子力機構は10日、原子力規制委員会の会合で、作業順序の組み替えなどで20 ... [記事全文]

関連記事一覧