メニュー 閉じる

47News

地域

地域

地権者の半数と契約 大熊・双葉の中間貯蔵で国 

2017.11.11 10:44 福島民報
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加

 環境省は10日、東京電力福島第一原発事故に伴う除染廃棄物を保管する中間貯蔵施設(大熊町・双葉町)の用地交渉で、10月末までに1180人と契約し、地権者2360人の半数に達したと発表した。契約面積は建 ... [記事全文]

関連記事一覧