メニュー 閉じる メニュー
地域

地域

財政難が生んだミニマムで心地よい空間 鳴門市民会館のアーカイブ映像公開 

2021.5.14 12:00 徳島新聞
増田友也の初期の名作鳴門市民会館。鮮やかなブルーと波打つような屋根が印象的だ。新市庁舎整備のため解体された (以下、写真はすべて鳴門市が制作した「鳴門市民会館の記録」より)

増田友也の初期の名作鳴門市民会館。鮮やかなブルーと波打つような屋根が印象的だ。新市庁舎整備のため解体された (以下、写真はすべて鳴門市が制作した「鳴門市民会館の記録」より)

 「じいさんが始め、僕で3代目。ここでよく遊びました。ここは僕のふるさとでもある」。映像の中でそう語っているのは、鳴門市民会館前で青空市を開いてきた馬居勉さん。市が制作したアーカイブ映像「鳴門市民会館 ...

関連記事 一覧へ