メニュー 閉じる メニュー
地域

地域

長崎医療圏「命の選択も」 病床使用率87%、入院延期のケース増 医師ら危機感 市民に行動変容を改める

2021.5.9 10:20 長崎新聞
会見で病床の逼迫状況を説明する泉川教授(右のテレビ画面)と門田院長=長崎市役所

会見で病床の逼迫状況を説明する泉川教授(右のテレビ画面)と門田院長=長崎市役所

 新型コロナウイルス感染が急拡大する長崎市に県独自の緊急事態宣言が出された8日、長崎大学病院感染制御教育センター長の泉川公一教授と長崎みなとメディカルセンター(同市)の門田淳一院長は、市内の病床逼迫( ...

関連記事 一覧へ