メニュー 閉じる メニュー
地域

地域

日本建築の洋風化の過程が分かる 築100年、南銀創業者・高木邸移設へ 鹿児島神宮が購入、管理担う

2021.4.11 21:00 南日本新聞
奥座敷と手前の座敷はそれぞれ15畳。鹿児島無尽の株主総会の後、ここでの盛大な宴席が慣例になっていたという(霧島市教育委員会提供)

奥座敷と手前の座敷はそれぞれ15畳。鹿児島無尽の株主総会の後、ここでの盛大な宴席が慣例になっていたという(霧島市教育委員会提供)

 南日本銀行の創業に関わった高木時吉さん(1892~1944年)が出身地・霧島市に建てた築100年近い邸宅が、約5キロ離れた鹿児島神宮に移される。遺族から譲渡を受けた神宮が活用を模索。解体は終わり、今 ...

関連記事 一覧へ