メニュー 閉じる メニュー
地域

地域

ゲリラ豪雨を予測 弘前に東北初の観測機器

2021.3.8 21:12 東奥日報
新しいアメダス機器を設置する作業員。手前は雨量計、後方右の約10メートルの柱には湿度計などを設置した

新しいアメダス機器を設置する作業員。手前は雨量計、後方右の約10メートルの柱には湿度計などを設置した

 全国的にゲリラ豪雨などによる災害が頻発していることを踏まえ、大雨をもたらす線状降水帯の予測などに役立てるため、気象庁は今月から5カ年計画で全国の地域気象観測システム(アメダス)機器を更新し、新たに湿 ...

関連記事 一覧へ