メニュー 閉じる メニュー
地域

地域

「日常でも非常時もつながる世界に」 東日本大震災を機に誕生LINEの10年 江口清貴執行役員に聞く

2021.3.4 11:59 河北新報
 えぐち・きよたか 1976年、北海道生まれ。2005年オンラインゲーム会社入社、CFO(最高財務責任者)として管理部門を統括。12年、NHNJapan(現LINE)入社。公共政策室室長を経て、18年執行役員(公共政策・CSR担当)。LINEみらい財団専務理事、AI防災協議会理事長、情報法制研究所専務理事。20年8月から神奈川県CIO(情報統括責任者)兼CDO(データ統括責任者)を務める。

 えぐち・きよたか 1976年、北海道生まれ。2005年オンラインゲーム会社入社、CFO(最高財務責任者)として管理部門を統括。12年、NHNJapan(現LINE)入社。公共政策室室長を経て、18年執行役員(公共政策・CSR担当)。LINEみらい財団専務理事、AI防災協議会理事長、情報法制研究所専務理事。20年8月から神奈川県CIO(情報統括責任者)兼CDO(データ統括責任者)を務める。

 国内約8600万人が利用するコミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」は、東日本大震災をきっかけに誕生した。個人と個人をつなぐツールは、自然災害のたびに機能を強化し、いまや社会インフラの一部を担 ...

関連記事 一覧へ