メニュー 閉じる メニュー
地域

地域

小矢部の鳥インフル 高病原性 殺処分25日にも完了

2021.1.25 1:39 北國新聞

 富山県は24日、小矢部市の養鶏場で発生した鳥インフルエンザについて、国の遺伝子解析で致死率が高い高病原性の「H5N8型」と確認されたと発表した。県は養鶏場で飼育する約14万1千羽の殺処分を続け、同日 ...

関連記事 一覧へ