メニュー 閉じる メニュー
地域

地域

佐世保から台湾へ アサギマダラの飛行ルート調査 1400キロの渡り バイオパークの伊藤副園長「解明につながれば」

2021.1.17 23:41 長崎新聞
伊藤さんが放ち、台湾西部の澎湖県で見つかったアサギマダラ(許さん提供)

伊藤さんが放ち、台湾西部の澎湖県で見つかったアサギマダラ(許さん提供)

 長距離を移動するチョウとして知られる「アサギマダラ」。長崎バイオパークの伊藤雅男副園長(59)が昨年10月に佐世保市から放った1匹が、約1400キロ離れた台湾西部の離島、澎湖県で捕獲された。伊藤さん ...

関連記事 一覧へ