メニュー 閉じる メニュー
地域

地域

疫病退散願う「大福梅」を袋詰め 北野天満宮、新年の縁起物

2020.11.27 12:23 京都新聞
新型コロナウイルス収束を願い、大福梅を袋詰めする巫女たち(京都市上京区・北野天満宮)

新型コロナウイルス収束を願い、大福梅を袋詰めする巫女たち(京都市上京区・北野天満宮)

 新年の縁起物「大福梅」の袋詰め作業が25日、京都市上京区の北野天満宮で始まった。平安時代に疫病退散を願って始まった行事だけに、新型コロナウイルスの収束への祈りを込めて、巫女(みこ)たちが清めの意味が ...

関連記事 一覧へ