メニュー 閉じる メニュー
地域

地域

門前に平安後期の観音像 廃仏毀釈乗り越え、神社で発見

2020.11.25 1:22 北國新聞

 輪島市門前町百成(どうみき)の八幡神社で、平安時代後期(11~12世紀)の観音菩薩像がご神体としてまつられているのが分かった。同神社宮司で歴史学者の四柳嘉章(よつやなぎかしょう)さん(74)=穴水町 ...

関連記事 一覧へ