メニュー 閉じる メニュー
地域

地域

形変え披露や交流 コロナ禍、長崎県内催し趣向凝らす 間隔空けて浮立 島民限定で運動会

2020.11.23 23:47 長崎新聞
運動会の日に、時間を短縮し長坂浮立を披露する児童。マウスシールドを着用し、例年より間隔を空けた=佐世保市江迎町

運動会の日に、時間を短縮し長坂浮立を披露する児童。マウスシールドを着用し、例年より間隔を空けた=佐世保市江迎町

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、長崎県内各地の秋の催しは様変わりした。中止に追い込まれた伝統芸能が多い中、発表の形を変えて演じる場を確保した浮立がある。また保護者だけなど観覧を制限した運動会が相 ...

関連記事 一覧へ