メニュー 閉じる メニュー
地域

地域

雲仙・普賢岳噴火30年 「火山活動 静穏な状態」 平成新山に防災視察登山 九大と島原市 「ドーム崩落 警戒必要」

2020.11.17 23:54 長崎新聞
平成新山は小康状態を保っているが、山頂付近からは噴気が上がっていた

平成新山は小康状態を保っているが、山頂付近からは噴気が上がっていた

 雲仙・普賢岳噴火から30年を迎えた17日、九州大地震火山観測研究センターと長崎県島原市は、噴火活動で形成された溶岩ドーム「平成新山」(1483メートル)の防災視察登山を実施した。清水洋センター長(6 ...

関連記事 一覧へ