メニュー 閉じる メニュー
地域

地域

細胞投与でALS進行遅延効果 岡山大院・山下講師ら確認

2020.10.29 22:05 山陽新聞
山下徹講師

山下徹講師

 岡山大大学院医歯薬学総合研究科の山下徹講師らのグループは29日、全身の筋肉が徐々に動かなくなる難病・筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症させたマウスに、ヒトの骨髄から採取した幹細胞「Muse細胞」を投 ...

関連記事 一覧へ